アフターコロナのベトナムが複業時代に入りつつある(らしい)

コロナ禍が少し落ち着いた7月、ハノイ在住の知人とモニター電話しました。

「もうコロナ収束したよー」とのことです。

コロナ以前のようにマスクなしでガンガン蜜ってると。

カフェで話してくれましたが楽しそうで羨ましかったです。

その後、ベトナムの転職エージェントさんと喋りました。印象に残った話をシェアします。

 

コロナで駐在員や管理職が退場

コロナの影響で、日本に帰国した駐在員がいっぱいいるとのこと。

管理職でクビになった人もたくさん知っているとのことでした。

会社から見てコスパが悪い人は、コロナを理由にベトナムから退場を命じられているようです。

こうして駐在員ドリームは失われていくのでしょうか。

 

企業の求める人材基準が変わった

今のベトナム企業は「できる人」を求めがちとのことです。

会社に利益を与えられる、何でも自分でできる、そんな人が欲しいと言われるようになったと仰ってました。

そんな人は就職せずに自営業すると思うのですが。

 

ベトナムにも複業の流れが来ている

週に3回働いて、他の日は自営業、そんな働き方も見えて来ていると仰ってました。

この働き方はフリーダムで楽しそうですが、現実は甘くはないでしょうね。

自営業で収益をあげられず、貧乏暮らしを強いられる人が続出しませんように。

 

おまけ:take it easy!!

ちなみに上の話は、1つの見解です。

ハノイの知人によると

「そんなに肩ひじ張らんでも、もっとリラックスして生きていけるよ!」

とのことです。

はたらき
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
\むらはるをフォローしてね♪/
この記事を書いた人
村川春吉

むらはるネットの管理人、村川春吉です。散歩と美味しい食べ物とジョークが好きです。「チャーハンが食べたい!」と言いながらお蕎麦屋さんに入ってしまうタイプです。

\むらはるをフォローしてね♪/
むらはるネット
タイトルとURLをコピーしました