子育てを終えた母が今でも自分を理解しようとしてくれていて嬉しい

母との関係性 管理人の呟き

どうも!むらはるです。

お盆に母と合流し、おばあちゃんに会いに行きました。

おばあちゃん91歳。

まだ元気に喋っています。すごい!

 

うちは割とかたい家で(笑)、会社を辞めたとき、母はショックを受けていました。

会社に所属しない僕の生き方に、しばらくの間反対でした。

でも今は、僕の生き方に理解を寄せてくれています。

回は、そんな彼女との過去の思い出を軽く振り返りながら、今の関係性を見つめて行きます

成人した男の、子→母の想いという感覚で見てくださいませ。

 

うちの家族プロフィール

うちは2つ上の兄と2人兄弟です。

父は自営業、母は看護師で、共に真面目。だけどユーモアが好きです。

さすが関西人。

小さい頃はみんなでワイワイやっている普通の家族でしたが、僕が小学校5・6年生の頃、家庭内に、変化が起こり始めました。

両親の不仲です。

喧嘩が多くなり、やがて喋らなくなりました。

そして、いつの日か父は、うちに帰らなくなっていました。

 

経済的なサポートをしてくれた父

そういうわけで父は、家の世話をしませんでした。

でも、お金の面だけはしっかりしていました。

生活費をちゃんと入れてくれていたようです。(額面は不明)

おかげで生活に不自由はありませんでした。

大学にも通わせてもらいました。感謝感謝です。

 

父がいなくなったと気づいたタイミングが遅かった

父は、僕が中学校1年か2年のときに、家に帰らなくなりました。

「ん?お父さん家に帰って来ないぞ」

そう実感したのは大学生のときです。

決して大きな家に暮らしていたわけではありませんでした。

それなのに、父がいなくなったことに4・5年ほど気づきかせんでした。

父の家庭での存在感。笑

気づくのに時間が掛かったのはたぶん、父が段階を踏んでフェードアウトしていったからでしょうね。

「不仲になる→喋らなくなる→帰る頻度が減る」と。

徐々に関係が遠くなっていったから、気づかなかったんだと思います。

そういう意味では父はフェードアウトの達人です。笑

父が家から離れていく過程では、僕は学生でした。

朝から夕方まで学校にいました。

夜は夜で用事がありました。

塾に週に2回通っていて、塾がない日は勉強していました。

忙しかったので、家族のことはあまり気にしていなかったのかもしれません。

思春期だし。

 

母と兄と3人での生活

というわけで、うちはいつからか、母と兄での3人生活になっていました。

この時期、みんながそれぞれにバタバタしていました。

子供が中高生の頃の家庭ってそんなもんですよね?

母は仕事に行っているし、兄は高校生で部活とバイトをしていました。

3人生活の時、兄と母はそんなに仲が良くなかったように思います。

バイトが原因です。

うちは、大学生になるまでバイトNGでした。でも、兄は勝手にバイトをしていました。

そのことでよく争っていましたね。

でも、ドラマは2人で良く見ていたと思います。

ドラマナイス!

僕は学校やら塾やら勉強やらで、あまりリビングにいませんでした。

リビングにいたのは、ご飯の時と、ドラマのときくらいです。

『僕の生きる道』と『結婚しない男』と『野ブタ。をプロデュース』と『銭ゲバ』などなど。

面白かったです。

学校か塾か、自分の部屋か、たまにリビング。そんな生活でした。

こうやって振り返ると、結構すれ違いが多いんですよね~。悲しい。

 

兄が出ていった

兄は大学生2・3回生の頃、家を出ました。

家が嫌だったんでしょうね。笑

同じ伊丹市内で1人暮らしをしていました。

父から援助を受けて生活していたようです。(父どんだけ援助するねん!笑)

そんなわけで、母と兄での3人生活は、4・5年で幕を閉じました。

この時間、もっと堪能したかったなぁ。

 

母との2人生活

大学生のときは、母と2人生活でした。

この頃はわりと時間にゆとりがありました。家にいる時間がこれまでより長かったです。

なので、「この時期は家にいたなぁ」という感覚です。

振り返れば、家族の中で母と一緒にいる時間が最も長かったのは僕です。

母は僕たち子供を平等に扱ってくれました。

でも母は、兄よりも僕を可愛がってくれていました。

次男で甘えん坊だったので。笑

母はいつだって僕らを思いやってくれていました。文字通り愛情いっぱいです。

行動一つ一つに思いやりが感じられました。

とても幸せです。

「あぁ、あのときも僕を想ってくれていた」と、年に1・2回、思い耽る時があります。

そのときは当然、枕が濡れますね。笑

 

以上が過去の話です。

随分と前置きが長くなってしまいました。笑

 

僕の今の生き方

僕は今、会社員の時よりも収入が低いです。

なので、家族以外の親戚の人はこう言います。

「ほれ見たことか」

母も会社を辞めた当時は同じ見方でした。

「会社に勤め、そこでの仕事を全うして欲しい」と。

家で仕事するって感覚が不自然なんでしょうね。

なので、「会社に行っていない=仕事していない」と感じるようです。

会社にいた頃より一生懸命仕事してるんですけどね。笑

 

https://twitter.com/muraharu_net/status/1031138882220224512

 

社会人になって、「生きていくとはどういうことか」、「人生とは何か」を考えました。

そして閃きました。「自分の思う通りにやろう」と。

人生で起こることは全て自分の責任です。頑張らないとね。

やがて僕は家を出て、会社を辞めました。

 

母の葛藤

僕が生き方の方向転換をしたあと、母はずいぶんと葛藤したようです。

当時は随分ヤイヤイ言われました。

でも、今では僕の生き方に理解を示してくれています。

「ただあんたが元気やったらそれで良い」と。

愛情うぅ・・・。

 

会うたびに感じる思いやり

母にとって、今でも僕は子供です。(実態はおっさんなのですが。笑)

会うたびに気遣いを見せてくれます。

この前のお盆には、お土産を用意してくれ、スタバをご馳走してくれ(バニラフラペチーノ)、映画に連れて行ってくれました(オーシャンズ8)。

こういう風に書くとただのヒモと世話役のようですね。笑

でもそうじゃないんです。僕のことを気遣ってくれていました。

その様子は昔と変わりません。

その日の夜は過去のことを思い出す夜でした。

 

母はこれからどういう生き方をするのか

時代は常に変化しています。

母はまだもうちょっと”おつとめ”するようです。

でも、今の貯金と年金でお金が足るんかしら?という不安があるようです。

母は母の目線で世界を見て、物事を判断していきます。

そんな彼女をずっと応援します。

 

管理人の呟き
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
村川春吉をフォローする
この記事を書いた人
村川春吉

むらはるネットの管理人、村川春吉です。散歩と美味しい食べ物とジョークが好きです。「チャーハンが食べたい!」と言いながらお蕎麦屋さんに入ってしまうタイプです。

村川春吉をフォローする
むらはるネット

コメント

タイトルとURLをコピーしました