マニラ・マカティでのゲストハウス生活が最高だった

フィリピン・マニラの繁華街と言えば、マカティだ。

ブルゴスなど夜の街が多いので馴染みある人も多いと思う。

.

.

フィリピンの物価はべらぼうに安いわけではない

「フィリピン安いぜ」とよく聞くけど僕はそうは思わない。特にマニラ。繁華街から離れれば安いのかもだけど。

.

まず家賃・・・マニラ市内のワンルームなら3万円以上する。

これはあくまでも賃貸契約を交わした人の値段であって、旅行者ならもっと高い。4万円は必要だ。

.

次に食費・・・ローカルレストランは確かに安い。1食200円出せば、ご飯と野菜2皿、お肉1皿、スープが食べられる。

.

.

マクドナルドはちょっと安いけど、日本とはそう大差がない感じだ。

.

これにビザ更新費用が発生するので、ストレスのない生活をするには1ヶ月6・7万円は必要だ。

ちょっとリラックスしたい人は10万円みとくのが良い。

.

マカティのゲストハウスは月5万円ちょいだった

部屋は個室・風呂トイレ共同・キッチン共同のゲストハウスに泊まった。

コレで月5万円は高いかもだがコレがマカティ価格だ。

田舎に行けば3万円くらいになると思う。

.

フィリピン人が圧倒的に多い

フィリピン人が主な利用者だった。

次いで韓国人、欧米人が多かった。

.

フィリピン人は、マカティに用事があって遠方から来る人がほとんどだった。短期滞在者も長期滞在者もいた。

韓国人は、ゲストハウスの責任者が韓国人なので安心して利用しやすいのだと思う。

欧米人は短期滞在だった。

.

管理人とコミュニケーションが取りやすい

宿には常に管理人がいた。

地方から来た2人の女の子だ。彼女らはフレンドリーで救われた。

しかも、そこで寝泊待ちしているので、問題があればすぐに報告できる。

大変な仕事だと思う。

.

キッチンがコミュニケーションスペースだった

キッチンはリビングを兼ねていた。Netflixもあった。

会話が弾まないはずがない。

駄弁ったりご飯をご馳走になったりパーティをしたりした。

.

言葉は十分じゃないけど十分にコミュニケーションを取れた。

適度な距離感で適度に分かり合えた。

.

自分で掃除をする必要がなかった。

ゲストハウス生活にハマってしまった。

マニラ
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
\むらはるをフォローしてね♪/
この記事を書いた人
村川春吉

むらはるネットの管理人、村川春吉です。
散歩と美味しい食べ物とジョークが好きです。
「チャーハンが食べたい!」と言いながらお蕎麦屋さんに入ってしまうタイプの人間です。

\むらはるをフォローしてね♪/
むらはるネット
タイトルとURLをコピーしました