アメリカンオプティカル社の歴史を解説します

アメリカンオプティカルファッション

どうも!むらはる(@muraharu_netです。

アメリカンオプティカル(American Optical)の歴史を解説します。

 

むらはる
むらはる

アメリカンオプティカルのメガネは、作りがしっかりです。

「軍で使われていました」と言われても納得できます。

 

メガネの製造はヨーロッパから始まった

アメリカでは、19世紀のはじめにメガネ産業が出来上がりました。

アメリカでメガネの製造が始まる前は、ヨーロッパからフレームやレンズを輸入していた形です。

フランス、ドイツ、イングランドが主な輸入先でした。

 

荷物を運ぶコンテナ―船。貿易のイメージ図

荷物を運ぶコンテナ―船。貿易のイメージ図

AOEYEWEARより画像拝借

 

当時は質が悪かった

メタルフレームは、地場のジュエリー職人によりつくられていました。

当時のフレームは、今のように立派なものではありませんでした。

 

アメリカンオプティカル社が誕生しました

アメリカンオプティカルは、1826年に誕生しました。

コネチカット州の農家の子であったウィリアム・ビーチャー (William Beecher) が創業者です。

 

ウィリアム・ビーチャーによる会社の創業

ウィリアム・ビーチャーは、ロードアイランド州 (Rhode Island)  でジュエリー貿易を学びました。

7年間の下積み生活でした。

当時は、ほとんど加工がなされていないメガネを輸入していました。

入ってくるのは粗悪な品質のものばかりです。

「僕ならもっと良いものをつくれる!」

アメリカンオプティカル社は、この瞬間に生まれたも同然です。

そして、彼はサウスブリッジ (Southbridge) へと移り、会社を興しました。

1833年のことでした。

 

1900年頃「メガネ需要が増しました」

産業革命の時代のパリの風景の1シーンです

産業革命の時代のパリの風景の1シーンです

 

産業革命 (18世紀半ば~19世紀)と言えば、急激な時代の転換期です。

その時流に合わせ、会社は急成長しました。

輸出ビジネスはさらに拡大する形となりました。

1905年には、ロンドンにオフィスを構えました。

このとき、マサチューセッチュには2,000人の従業員がいました。

 

むらはる
むらはる

給与は当時のお金で100万ドルだったとか。

すごすぎる。

 

メタルフレームが人気でした

(ゴールドやシルバーの)高価なメタルフレームの人気が、どんどん増していきました。

ゴールドとシルバーのフレームだけで、年間60万個以上製造するようになりました。

 

むらはる
むらはる

30年間で20倍以上の製造数になったんですって。

すごい!

 

メタルフレームが大量に流通しているイメージ図

メタルフレームが大量に流通しているイメージ図

 

1917-1946「戦争需要」

1917年になると(ヨーロッパで第一次世界大戦が始まった年です)、

アメリカ軍やアメリカ同盟国をサポートするための、モバイル型のメガネ製造施設を8つデザインし始めました。

これらの施設は、フレームやレンズをつくるのに必要な設備を揃えていました。

 

第一次世界大戦初期は陸上戦争でした。 ※この画像はイメージです

第一次世界大戦初期は陸上戦争でした。 ※この画像はイメージです

 

LibertyとVictoryというメガネが人気だった

2つの白いメタルフレーム”Liberty” と”Victory” が戦場で活躍しました。

この戦争において、250万個ものメガネがアメリカ政府に供給されたと記録されています。

 

第二次世界大戦でも大活躍

第二次世界大戦 (WWⅡ)でもAOメガネは活躍しました。

独自の研究施設で改良を重ねた新たなメガネ製品が主流です。

例えば、以下のラインナップがありました。

 

WW2でのAOメガネのラインナップ(一部です)

  • 銃の照準器
  • 爆撃照準器
  • ARグラス
  • 航空用ゴーグル
  • その他サングラスや精密工学部品

 

1943年から1944年の間、合計で

  • 1000万本のゴーグルフレーム
  • 500万本のサングラス
  • 650万個を超えるレンズ(内140万個は処方用)

が軍に支給されました。

 

むらはる
むらはる

ものすごい数です

 

現在のサングラスの原型は1876年に始まった

現在のサングラスのベースは、1876年にアメリカンオプティカルによってつくられました。

当時からレンズの色は多彩で、4色ありました。

ブルー、スモーク、ピンク、アンバー(鼈甲)です。

それらのレンズは、光を遮る役割を果たしました。

 

UVカットのメガネが登場しました

1913年、アメリカンオプティカルは、クルックスメガネの権利を確保しました。

クルックスメガネは、著名なイギリスの科学者サー・ウィリアム・クルックス (Sir William Crookes)によって発明されたメガネです。

クルックスメガネの中でも、クリアーレンズとUVカットのものは売れに売れました。

 

軍用のアビエーターゴーグル

1930年代前半、アメリカンオプティカル社は空軍にアビエーターゴーグルを供給しました。

 

AOパイロットサングラス

AOパイロットサングラス

 

供給していたのは、U.S.A.Cゴーグル”Type B-6″とその後継版の”Type B-7″モデルです。

それらのゴーグルは、グリーンやアンバー、スモークグレーなど、数種類のカラーレンズと合います。

 

偏光レンズの登場

アメリカンオプティカル社は、1940年に、偏光レンズを市場に出しました。

それらは水辺や雪の太陽の、ギラギラした反射光を遮るのに役立ちました。

1980年代半ば以降、これら偏光レンズは一般的なものになりました。

海上や冬のスポーツ活動での見え方も改善されるようになり、偏光メガネの価値が知れ渡るようになりました。

 

現代のメガネの原型は1958年に始まった

いまの”オリジナルパイロットサングラス” として知られる”Flight Goggle 58″が、

アメリカ軍向けに生産されたのは、1958年のことでした。

Flight Goggle 58は機能性と快適さ、最大限の保護機能を伴っていました。

現在でも、マサチューセッツのサウスブリッジにあるAO施設にて製造されています。

 

オリジナルパイロットサングラスは月面着陸した

オリジナルパイロットサングラスは、1969年にアポロ11号のクルーだったコマンダ・ニール・アームストロング (Commander Neil Armstrong)によって着けられました。

初めて”月面着陸”したサングラスとして有名です。

そのメガネは、ワシントンD.C.にある国立航空博物館に展示されています。

 

広がり続けるデザイン

アメリカンオプティカルのコレクションは、広がりを見せています。

様々な形、色、サイズ、素材、デザインのものが、たくさん提供されています。

彼らは常に、流行の仕掛け人でした。

例えば、”AO Sunvogue sunglasses”は、1969年の映画『Easy Rider』でデニス・ホッパー (Dennis Hopper)がクールにつけていました。

Easy Riderの主題歌!この歌はみんな聞いたことがあるはず↓↓

Steppenwolf – Born To Be Wild

映画『トップガン』ではトム・クルーズ (Tom Cruise)が、アビエーターシェイプのメガネを格好良くつけていました。

トップガン – 予告編

 

アメリカンオプティカル社の思いはいつまで経っても変わりません

ファッション産業において、メガネの流行は行ったり来たりです。

アメリカンオプティカル社は、自社のクラシックな製品にプライドを持っています。

いわゆる定番品です。

定番品は、流行が過ぎても流行であり続けます。

会社がスタートしたときのコミットである、

「高品質な製品の価値を守り続け、イノベートし、時の試練に耐えメガネを磨く」

という気持ちを、アメリカンオプティカルは持ち続けています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました