AdobeAcrobatの偽物を知らないうちに販売していた話

アドビの偽物アドビ

どうもです。

世の中には、知らずの内にグレーゾーンやブラックゾーンに足を突っ込んでしまう人がいます。

悲しい話です。

そういう人の存在を祈り、この記事を書いていきます。

今回の話のあらすじ

僕は過去に、Adobe製品の偽物を販売していました。(ちょっとだけね)

もちろん、販売していたときはそれが偽物だとは知りませんでした。

周りに力添えを頂き、商品を偽物だと断定でき、そのビジネス(笑)からは撤退しました。

商品が偽物だと知ってからは、在庫を一掃しました。

「商品を届けたけど、入金はまだ」という方に対しては、事情を説明し、返品していただきました。

偽物にタッチすることはもう嫌ですね。

Adobe製品の偽物を販売するに至った経緯を、詳細に書いていきます。

なお、話を分かりやすくするため、話の途中に創作もちょいちょい入っています。

 

AdobeAcrobatの偽物を知らないうちに販売していた話

Adobe製品(以下、アドビ)やWindows製品には偽物が数多くあります。

僕が、ヤフオクでアドビのソフトを販売したとき、「うちも安くで扱っているのでうちから買って欲しい」みたいな話をメッセージでもらいました。

中国の方でした。

それがこの話のスタートでした。

今の時代、副業したり、ちょっとしたお小遣い稼ぎに精を出したりする人も多いかと思います。

でも、簡単な働きで大金を稼げるような上手い話はなかなかないですよね。トホホ

今回の話の内容は下記です。

アドビの偽物を販売するようになった経緯

  • 自分が販売したものが偽物だと知った
  • 今回の話で勉強になったこと

 

アドビの偽物を販売するようになった経緯

「うちでアドビ製品買ったら安いよ」

それがこの話のスタートでした。

「マジか!でもメールするのがちょっと面倒くさい」これがそのときの感想です。

でも、数日たったら気持ちが変わっていました。

むらはるAdobe Acrobat XIいくらですか?

気付いたらそうメールをしていました。

 

商品リストをもらった

メールの返事をもらいました。

中国の方ですが、日本語が上手です。

そこには商品リストが添付されていました。

adobeの偽物の商品リストの例

adobeの偽物の商品リストの例

むらはるスゲー

僕は早速、いくつか商品を注文しました。

注文した商品は、送料を入れて1万円ほどだったと思います。

1万円くらいの取引を希望したのは、「お金だけ払って商品が届かなくても許せる金額だったから」です。先にお金を払う取引だったので、「ちゃんと商品が届くのかな?」というのが心配でした。

1週間くらいして商品が届きました。

新品の商品です。

むらはるスゲー

そう思いました。

それをヤフオクで売りました。

売れました。チャリーン!イェイ!

 

自分が販売したものが偽物だと知った

前途洋々!

そんな感じで喜んでいました。

でもここから、雲行きが怪しくなります。

 

「この商品、おかしいぜよ」とクレームを受けた

商品を数個販売したとき、クレームがありました。

「この商品、おかしいぜよ」

聞いてみると、「ライセンス認証とユーザー登録ができない」とのことです。

むらはるマジか!

そう思って自分でも試しました。

すると、認証できません。

むらはるどういうこったーこれは!

例の中国人にメールしました。

中国人そんなはずはありません。できますよ

もう1回やってもできません。

なので、商品をリサーチすることにしました。

 

Adobeに詳しい人に相談した

Adobeに詳しい人に製品を見てもらいました。

むらはるちょいちょい、これなんだけど

その人は言いました。

「う~ん、これ、若干違うよね」

本物との違いとしては、バーコード番号がちょっと違うのと、製品にシュリンクがあるかないかという部分です。

むらはるマジか~!これはなんなの?パチモン?

「うん、そうだね」

このときはとても驚きました。

偽物が存在するとは!

ルイ・ヴィトンやロレックスなど高級ファッション品に偽物があることは知っていましたが、アドビ製品に偽物があるとは知りませんでした。

むらはるじゃあ僕は偽物を販売していたのか・・

 

Adobeに電話した

むらはるすいません!この商品、ライセンス認証ができないんですが

adobe「ん?うちにはない番号ですね」

むらはるえ?そんなんあるんですか?

adobe「うちから買いました?」

むらはるいいえ

adobe「じゃあうちの製品だと断定できないです」

そんな感じでした。くぅ~。

 

偽物の販売をするのは詐欺罪に当たる

偽物を売るとはどういうことなのか、調べてみました。

偽物を偽物だと知り、販売すると、商標法に抵触する可能性があるとのことです。犯罪です。

10年以下の懲役か1000万円以下の罰金、またはその両方に課せられる(商標法78条)とのことです。

また、相手に本物だと偽って販売すれば、詐欺罪(刑法246条)が適用されるとのことです。

詐欺罪の場合は10年以下の懲役刑で、罰金はなし

こっちの方が重いです。

そりゃそうだよね・・・そこから数日、胃が痛かったです。

 

在庫を捨てた

この状況を変えねば!

そう思った僕は、在庫を捨てました。

そして、商品を発送して入金がまだの人がいたので、事情を説明しました。

むらはるかくかくしかじか。期待を裏切ってすいません!

中国人にメールしました。

むらはるこれ偽物やないかぁい!かくかくしかじか
中国人ホンモノですよ。ちゃんと使えます
むらはるあぁそうかい!でもライセンス認証できひんわ!返品せんかい!
中国人返品ダメです

その態度にあきれて、その人とのメールを削除しました。メールアドレスもDeleteです。

今思えば、ちゃんと記録を残しておくべきだった・・・と思いますが、その時はこの人との関係を清算したくていっぱいでした。

そんなこんなで、この話は幕を閉じました。

 

今回の話で勉強になったこと

製品が偽物だと知ったときは、胃も痛くなって大変でしたが、なかなか面白い話だったなと今では思います。

今回の話で勉強になったことを書いていきます。

・中国人のコピー技術は凄い!

・Adobe製品は公式サイトで買うべし

 

中国人のコピー技術は凄い!

中国人のコピー技術はやっぱりすごいです。

製品の内容的には、Adobeの北米版と同じものです。

以下、今回の製品の特長です。

Adobeのパチモンの内容

  • 製品としてはきちんと使える
  • ただし、ライセンス認証とユーザー登録ができない
  • Adobeのサポートが受けられない
  • 製品アップグレードができない
  • つまり、お試し版を永遠に使える感じ

そんな感じの製品です。

中国人と話をしていると、工場も「うちにある」とのことです。(だから安いと言っていた気がする)

すごいなと思いました。それだけの技術を他に生かせないのでしょか?笑

ちなみに、偽物を販売したときの罪をまとめています↓↓

偽物を販売したときの罪

  • 偽物を偽物だと知り、販売すると、商標法に抵触する可能性がある
  • 10年以下の懲役か1000万円以下の罰金、またはその両方に課せられる(商標法78条)
  • 相手に本物だと偽って販売すれば、詐欺罪(刑法246条)が適用される
  • 詐欺罪の場合は10年以下の懲役刑で、罰金はなし

 

Adobe製品は公式サイトで買うべし

Adobe製品をちょっとでも安く買いたい気持ちはわかります。

でも、残念ながら、Adobe製品は公式サイトで買うべきです。

その理由としては

  • 確実に本物である(安物買いの銭失いにならない)
  • 価格管理がしっかりしている製品
  • 会員ページがある(Creative Cloudで管理されている)

ということが挙げられます。

Adobe製品には残念ながら、ズルいことを許す抜け道がありません。

しっかりした会社ですよね。

 

まとめ

AdobeAcrobatの偽物を知らないうちに販売していた話でした。

商標登録のある製品の偽物を販売すると、フツーに犯罪です。

10年以下の時間を刑務所で過ごすか、1,000万円以下のお金を払うことになります。

辛いです。

ただ、この話の焦点は、「偽物だと知っていて販売する行為」とあるところです。

「コイツは偽物だと知っているな」と判断するのに明確な理由はあるのでしょうか?

気になるところです。

過去の例を見ると、スターバックスのロゴを入れたスマホケースを販売している人が逮捕されましたが、そのときは、税関の職員さんの摘発があったようですね。

職員さん、天晴れです!

いずれにせよ、「気付いたら偽物を販売してたよ~」という人が世に出ないことを祈ります。

それにしても、今の世の中は物価や税金、保険料が高いのに、給料は安くて生きていくのがハードですよね。

やれやれ。

アドビ
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
\むらはるをフォローしてね♪/
この記事を書いた人
ハルキチ ムラカワ

むらはるネットの管理人、ハルキチムラカワです。
散歩と美味しい食べ物とジョークが好きです。
「チャーハンが食べたい!」と言いながらお蕎麦屋さんに入ってしまうタイプの人間です。

\むらはるをフォローしてね♪/
アフィリエイターの正直しんどい

コメント

タイトルとURLをコピーしました