タートルアイランドでウミガメの産卵見学!コタキナバルツアー

ボルネオ島

2012年の3月の暮れに、タートルアイランドことセリンガン島に行きました。

夜のビーチでは、ウミガメの赤ちゃんが、土から這い出てくる様子が見られます。

手足をバタつかせながら海へ向かって走って行きます。

とてもキュートでした。

良い島でした!

島のコンパクト感や静かさ、まるで地球の果てに来た感覚など、普段は味わえない気持ちをたくさん味わえました。

サンダカンからの移動のボートは、スピードが速すぎて怖かったです。

とにかく、印象に残る出来事をたくさん体験できました。

 

移動編

2012年の3月21日~3月30日までボルネオ旅行を計画しました。

基本的にはコタキナバルに滞在していました。

セリンガン島へは

  • コタキナバル空港⇒サンダカン空港
  • サンダカン⇒ボートでセリンガン島

というルートをとりました。

 

サンダカンへのフライト

サンダカンへのフライト

 

サンダカンの船乗り場での出来事

サンダカン空港へ降りた後、港に移動しました。

港には、漁師さんらしき人が2人いました。

その内の1人が、コーデュロイ・パンツを履いていたのは印象的でした。

というのもこの日は、カンカン照りで暑かったからです。

「こんなに暑いのにコーデュロイ!」

とても似合っていました。格好良かったです。

 

サンダカンのボート乗り場

左のおっちゃんがナイスコーデュロイ!

 

サンダカン発のボート(ジェットコースターのよう)

サンダカンからタートルアイランドへ行くボートは魅力です。

とても早くて楽しいからです。

大きさは10人乗りぐらい。屋根付き、ヤマハの115馬力。全体的にレトロ(ボロい)。

「これで大丈夫なんかいな?」という感じです。

でも、とても楽しめました。

 

ボートの中

ボートの中。外は曇り。

 

スピードが速い!

時速は40㎞ほどでした。

でも、体感的には150キロは超えてそうな感覚です。

ポンコツで小さいながらも猛スピードで進んでいく様は圧巻でした。

おまけに嵐のような天気でしたし。

【超高速】サンダカン→タートルアイランドへ行くボート

わちゃわちゃ会話しているうちにタートルアイランドに着きました。

 

島付近から見た島の様子

セリンガン島付近から見た島の様子

 

セリンガン島とは?

島にあった看板?

セリンガン島は、タートルアイランドというあだ名の通り、ウミガメがたくさん訪れる島です。

ウミガメの産卵地として、WWF(世界自然保護基金)が世界一(?)と認めているらしいです。

毎日たくさんのウミガメがここで生まれます。

同時に、毎日たくさんのウミガメが海からこの島へ帰ってきます。

ロマンチックです。

 

マレーシア政府はこの島を大切にしている

この神秘的な島は、マレーシア政府により慎重に保護されています。

例えば、

  • 1日にこの島に入れる人数は決まっています。(150人でした!)
  • 宿の数が限られています。(1日50人~75人くらいしか泊まれない)
  • 入ってはいけないところは柵で囲まれている
  • まさに、「ウミガメ第一!」

入島人数の150人という数は、島の大きさの割にはちょっと少ないかな?という感じです。

なので、空き時間に島をブラブラしてるときに、少し寂しい感じがしました。

 

お宿外観

お宿の外観です

 

映画のワンシーンに出てきそうな静けさ

この島は、とてもとてもとても、静かな島でした。

  • 周りが全部海
  • ミニマムサイズ
  • 無人島

という条件が関係していると考えます。

 

良い静けさです

この島にいるときは、とても落ち着きました。

優しい気持ちになれました。

「自分ってなんてちっぽけな存在なんだろ〜」

そう思いました。(安っぽい表現を失礼します)

 

お宿の様子

お宿の様子

 

食べ物持参がおすすめ!

この島は、ツアーでしか来れません。

食事付きツアーで、朝・晩ともにビュッフェです。

が、量が足りません。

どの国の男性も、いっぱい食べるからです。

なので、食糧不足対策のため、食べ物の持参をおすすめします。

 

売店は値段が高い!

宿のレジカウンターの奥に、少しばかり食べ物と飲み物があります。

しかし、値段が高かったです。

買う気がなくなるほどでした。

我々は、おやつ1個しか買いませんでした。

 

空き時間がたくさんある

ウミガメが見られるのは夜です。

昼に到着するので、夕ご飯までずっとフリータイムです。

時間を潰すのに苦労しました。

 

Wi-Fiが通じない!

この島には残念ながらWi-Fiは届きません。

完全にオフラインです。

 

島内観光ができる

島は本当に小さいです。

1時間あれば、十分に回れます。

 

島にあったお花

可愛いお花

 

ヤシ?の木

ヤシ?の木

 

博物館がある!

毎日ウミガメがやってくるだけあって、研究施設が充実しているのでしょうか?

ウミガメの情報や展示物が飾られているミニ博物館があります。

ここでは30分程時間を潰せます。

 

シュノーケリングができる?

天気が良い日は、シュノーケリングできるかもしれません。

僕が行った日は、残念ながら、天候荒れ荒れでした。

むらはる
むらはる

荒れ寄りの荒れ

もしも波が弱かったら、シュノーケルしていました。

 

夕食は全員一緒の時間

夕食は、食堂でみんな一緒の時間に食べました。

丸テーブルに5人くらいで座って食べました。

何が出たのかは覚えていません。

 

世界一の夕陽

ここの夕陽は圧巻でした。

「これを見るためにここへ来た」と言う人がいても納得できます。

それほど美しい夕陽でした。

写真です。

 

 

老若男女問わず、みんなただただボーっと夕陽を眺めていました。

 

ウミガメの産卵(神秘的)

夕陽を見た後は、これからの時間についてのイントロダクションでした。(英語)

この島についてのお話やウミガメ鑑賞時の注意事項の説明を受けました。

 

夜になるとウミガメがやってきた

真っ暗になると、突然笛が鳴りました。

「ピッピ―!」 (笛の音)

みんな走ってビーチへ行きます。

 

親ウミガメです

親ウミガメです

・・

このお母さんが産んだ卵を、すぐに横取り(!?)し、この島で管理します。

 

出産シーンを盗撮

出産シーンを盗撮(エッチだ)

 

卵を横取りする管理者さん

卵を横取りする管理者さん

 

集められた卵

集まった卵

 

こうやって採集した卵は、厳重に管理されます

卵をしっかり管理

卵をしっかり産卵日ごと、個体ごとに管理

 

ウミガメの独り立ち

毎晩行われるのは、母ウミガメによる出産イベントだけではありません。

ウミガメの赤ちゃん独り立ちイベントも行われます。

ある程度育った赤ちゃんウミガメが、海へと旅立つイベントです。

 

ウミガメの赤ちゃん

ウミガメの赤ちゃん

 

ウミガメは光の方向を目指して進む

ライトを海の方に照らします。

そうすれば、、光の方向(海)に向かって赤ちゃんウミガメは走っていきます。

 

海へ向かうウミガメの赤ちゃん

海へ向かうウミガメの赤ちゃん

 

海へ入ると独立です。

これからは自分で餌を捕らえて生きていきます。

Good Luck 。

これにて、タートルアイランドの夜は終了です。

 

2日目朝ご飯

夜ご飯同様、朝食もみんな同じ時間に食べます。

 

みんなローテンション・・

タートルアイランドに観光に来ている人は、欧米人が圧倒的に多かったです。

彼らほぼ全員、ローテンションでした。

おばあちゃんが1名いて、その人だけが喋っていました。

 

朝の雰囲気が気持ち良い!

タートルアイランドは、朝の静けさが似合います。

気持ち良かったです。

 

タートルアイランドでの朝

朝の風景

 

楽しかった!

これにてタートルアイランドでのひと時は終了です。

このツアーは、セピロックツアーとセットになっていることが多いです。(オラウータンの保護施設の観光)

 

この旅行に関するメモです

満足度:★★★★★

価格:5万円くらい (サンダカン~タートルアイランド~セピロック)

その他:知りたいことありましたらご連絡下さいませ。

 

夕陽

タイトルとURLをコピーしました