プタリン・ジャヤのゲストハウス「Books&Beds」が最高だった|部屋や食事の紹介

プタリン・ジャヤのゲストハウス「Books&Beds」が最高だった|部屋や食事の紹介

2020年、パンデミックの始まり頃…

マレーシアはクアラルンプールの隣、プタリン・ジャヤにあるゲストハウス「Books&Beds」に、1.5ヶ月ほど滞在しました。

とても楽しかったです。

Books&Bedsはカフェのあるシェアハウス。開放的な雰囲気で、友人ができました。

ひとりまたは友人同士で、一定期間、滞在するのに最適です。

プタリン・ジャヤはどんな所?

マレーシア旅行といえば、クアラルンプール。その隣にプタリン・ジャヤはあります。

クアラルンプールとプタリン・ジャヤはタクシーで10分くらい。電車でも行き来ができます。

BULATAN PENCHALの看板
BULATAN PENCHALA。交差点の名前。

住宅街メインで、住民向けに飲食店街やスーパーがあります。官公庁施設・ヒルトンホテル・工場エリアもあります。

大破した車。
大破した車。こういう車がちょいちょい置いてある。

僕が泊まったときはマレーシア人が多く、Books&Bedsを拠点に、職場に通勤する感じでした。

Books&Bedsの宿泊費は安いので、クアラルンプールに住むよりもいいのかと。

宿の目の前の道路。
宿の目の前の道路。夕日がキレイ。まじキレイ。

airbnbで予約するシステム

Books&Bedsは、民泊サービス「airbnb」で集客してます。

airbnbは、宿のオーナーや管理人と直接やりとりでき、なにかと便利。

airbnb内でもメッセージのやりとりができますが、Books&BedsのオーナーとはWhat’sAppでやりとりしました。

とにかく、やりとりしやすいので便利です。

Books&Bedsへのアクセス

Books&Bedsは駅からちょっと遠いので、車がない人はタクシー推奨。

駐車場付きで、みんなガンガン車を置いてました。

駐車場代は宿泊費に含まれます。

周囲にあるもの

生活必需品や飲食店が近所にあり、生活に困りません。

飲食店は基本ローカル系。マレー・インド・中華料理が食べられます。

ケンタッキーやスターバックスなどグローバル企業もあるので、食べ物に困りません。

Gerai Paya Serai No 16の外観
近所の青空フードコート「Gerai Paya Serai No 16」。
フードコードの食事
ご飯とおかず。名前はわからない。美味しい。
朝日とご飯
朝日と一緒に。美味しい。

スポーツジムが歩いて10分のところにあり、15分歩けばショッピングモール「Amcorp Mall」が。

タクシーでちょっと足を伸ばせばクアラルンプール。Books&Beds内で友だちを作れば、確実に退屈しません。

管理人によるお出迎え

宿には管理人がいて、着いたらまず、宿の説明をしてくれます。

ほぼ毎日いてるので、困りごとがあれば彼に相談すればOK!

フレンドリーなのでなんでも喋れます。

何かあれば管理人に!

管理人は、リビングやシャワールームの掃除を毎日やってます。

「休みはあるのか?」と聞いたら、「火曜日と用事がある日は休みだ」と言ってました。

建物の様子

Books&Bedsはかなりチル。

僕が滞在したときは子猫が住み着いていて、一緒に遊びました。

彼と出会ってから、猫好きです。

猫ちゃん

白い建物と駐車場付きの敷地

16部屋あり、建物は広め。

いい感じにグリーンがあり、写真スポットでもあります。

books and beds 外観
建物外観。普段は車で埋まってます。

airbnbより画像引用

庭の映えスポットで友人が撮影した画像。インスタグラムから↓

 

View this post on Instagram

 

A post shared by Luke The Duke (@lukelung1991)

カフェのようなリビングルーム

中に入ればすぐリビング。茶色がメインカラーです。

カフェのような内観で、かなりオシャン。

どこの席でも座ってOKで、ここで毎日仕事してました。

books and beds 内観1

Books&Bedsという名前だけあって、たくさん本があります。

自由に読めますが、誰かが本を手に取る様子を見たことがありません。

books and beds 内観2

友人とリビングで喋ったり、一緒にご飯を食べたのはいい思い出です。

books and beds 内観3

食べ物や飲み物を注文できますが、誰も利用しません。

価格が高い上、食べ飲みには困らない環境ですので。

シャワー・トイレ・キッチン・ランドリー

これらは共用。全て無料で使えます。

ランドリーには洗剤があり、わざわざ自分で買う必要がありません。

シャワールームは3つあり、トイレもシャワールーム内にあります。

男女兼用ですが、自然と男女別々のシャワールームを利用してました。

歯ブラシ・歯磨き粉・シャンプー・リンス・ボディソープさえあればこと足りるので、生活用品にお金がほとんど掛かりません。

books and beds ランドリーなど

airbnbより画像引用

お部屋紹介。3グレードあります

1ヶ月の宿泊費は2万円ほど。格安です。

部屋は全部で16個。大きく分けて3グレードに分かれます。

同じグレードの部屋でも、部屋の場所により価格が若干違います。

最も安い部屋タイプ

部屋番号13・14・15番…入り口近くの部屋は最安です。

エアコンがなくファンのみ。これらの部屋は、一見普通のシングルルームですが、部屋の上の方に壁がなく、隣の部屋と繋がっているので大きい音を出せません。

僕は14番に泊まり、隣に汗臭い人がいたのでちょっと大変でした。

books and beds 部屋

airbnbより画像引用

2段ベッドのある部屋

部屋番号1〜3番、2段ベッドのある部屋は友人同士で泊まれます。

部屋サイズは他と同じくらいです。

books and beds 2段ベッド

airbnbより画像引用

1番高い部屋

その他の部屋は、他の部屋より1泊あたり数百円高いです。

完全なる個室。リビングから遠くにある部屋エアコンがあります。

リビングから遠いので静かめです。

books and beds 1番高い部屋

airbnbより画像引用

Books&Bedsの気になるところ

Books&Bedsはカフェ併設のシェアハウスな感じで、基本「いいところ」です。

ここでの生活を通じて、友だちができました。

が、少し気になる点があるので紹介します。

場合によってはうるさすぎるかも…

僕が宿泊したときは、いい人ばかりでした。

みんな旅行ではなく生活気分なので、うるさくなりすぎることがありません。

が、もしうるさい人が来れば、うるさくなるリスクがあります。

暑いときがある

リビングにエアコンが1台しかなく、残念なことに、部屋の大きさに見合ってません。

夕方〜朝にかけては問題ないですが、昼間、「暑すぎる日」がありました。

そんなときは扇風機を独占しましたが、扇風機の台数も少ないので、ミニ扇風機を用意する方が無難です。

雨が激しいとうるさい

ご存知の通り、プタリン・ジャヤではだいたい毎日、夕方から雨が降ります。

雨が弱い日は風流な音で癒されますが、激しいと、屋根に当たる音がうるさいです。

仕事に集中できないときが何度かありました。

 

文句を並べましたが、それでもやはり、それを補って余りある素晴らしさがあります。

まとめ

Books&Bedsは素晴らしいゲストハウス。気に入る人が多く、リピーターが多いです。

ゆったりしたカフェ併設のシェアハウスはなかなかないので、レアな体験ができます。

airbnbで予約できるので、チェックしてみてください。

airbnbはこちら